コンテンツへスキップ

キャベツウニが届いた

先日実家からある食材が届きました。
それはキャベツウニと呼ばれるもので、私も聞いたことはあったものの食べたことはありませんでした。

このキャベツウニというのはムラサキウニという海藻を食い荒らしてしまう漁師にとっては厄介者として知られているもので、このムラサキウニを駆除して白菜やブロッコリーさらにはキャベツといった廃棄野菜を餌として与え、身入りを良くしたものなんだそうです。
ムラサキウニは雑食性で様々なものを食べるらしく、北海道では白菜を与えていますし、三重県ではみかん、愛媛県ではブロッコリーなどを使って養殖しているそうです。
もちろんここで与えられるのは廃棄となった野菜たちですので、廃棄になるはずだった野菜を効率よく使うことができ、なおかつ身のたっぷり詰まったウニを食べられるというのはウニ好きにはたまらないはずです。まさに一石二鳥です。
実際にキャベツウニは中身がぎっしりと詰まっていて味も非常に良くウニが大好きな私にとっては最高でした。